投稿

ラベル(Coursera)が付いた投稿を表示しています

Courseraの「Object Oriented Programming in Java」を修了した話。

イメージ
移動時間とか有給取得とかで時間ができたので一気に終わらせました。 個人的に気になる部分についてはまぁまぁ触れられた感じで、Javaの知識がない人でも基本的な参照渡しやスコープから教えてくれるし、オブジェクト指向の大切な要素(ポリモーフィズムとか)をしっかりコードを書いたりして弄くり回す、という自分にとってはそこそこ有意義な講義だった。 あとアルゴリズムとデータ構造、ソートあたりも最後の方で触れたり。 ただ、Javaアプレットを使って試さなければならないので、Javaのバージョンを合わせたりしなければならないことはそこに関しては正直どうなんだ、という感じはしました。 あとEclipseを入れたけどやっぱりそこまで好きではない、VSCodeの方が好き。 知識レベルも少しはあったし、一応時間もお金もかかるものなので、もし同じ状況になったとして、もう一回受けるかというと微妙・・・ではあるが、オブジェクト指向ってなんやねん、全然分からん、という基礎を固めたい人には時間を取って学ぶ価値はアリかと。 この手の講義はどうしても受け始めてから終わるまで出来が難しいので、むやみやたらに取るのはいかがなものかと感じた。本みたいに最初からパラっと読んであ、良さそうとかって感じにはならないし。 次に勉強したい要素としては、 Linux(LPICあたりを目処に勉強) React(ナウでヤングなの勉強したい) アルゴリズムとデータ構造( Elements of Programming Interviews in Python: The Insiders' Guide を買ったので届き次第読んだり書いたり) オンライン英会話(3ヶ月続いたら何か自分にプレゼントしよう) といった所で、まだまだ興味が尽きなくてモチベが高いのでサクサクっと趣味で本を読んだり、作っていければなぁと思っている今日この頃。

Courseraのオンラインコースの二週目を終えて

Courseraの「Object Oriented Programming in Java」を始めた話。 という内容で以前投稿していた通り、このコースを続けています。 内容的には比較的軽めのJavaの言語仕様(Eclipseの環境設定、オブジェクト指向、スコープなどの)ところを触っている段階から、徐々にGUIのソフトウェア(Javaアプレット)を開発するための内容へとシフトしてきている感じ。 今週から三週目なのですが、コードを書く機会が多くなってきそうなので時間はかかりそうです。 ただ、言語仕様とかは少し退屈な部分もあったのでコードを書くのが楽しみです。 所々UCSDの学生さんが議論したり、Googleのソフトウェアエンジニアからのメッセージがあったりモチベーションを上手く保つための工夫がそこかしこに散りばめられている印象です。 楽しく学べているうちにサクサクっと終わらせてしまった方が、お財布的にも学習曲線的にも優しいと思うので今のうちにこのペースで終わらせたい感じ。 あ、そういえば久しぶりにQiitaに記事を投稿しました。 「 社内システムを開発する際にAPIを使う、という選択肢を考える 」、 というテーマで書いてみたのですが、少しまとまりのない文章になってしまったのでどこかでガッツリ手直しをしたい感じ。 後、設計についての内容は全く触れていないのでそれはそれで別に記事を書こうかと。 もっといえばReact.jsとDjango REST Frameworkあたりを使ってそれっぽいシステムを試しに作ってみて、それについての記事も書けるとより理解が深まりそう。 ということで1週間くらいかけてまったり書いていこうかと思います。 今回はこんな感じ。 今週も1週間がんばろ〜。