スキップしてメイン コンテンツに移動

ミニマリストの僕がComplyのAirPods Pro用のイヤーピースを買ってみたら神だった件。

事の発端

AirPods Proを買った話はこちら

ミニマリストの僕がPowerBeatsProをやめてAirPods Proに切り替えた話

でしたのですが、AirPods Proには一つだけ不満な部分がありました。

「これ、ジムでトレーニングしてる時に普通に落ちそうになるんですけど??」

そう、僕は耳の穴が普通の人よりでかいのだ。

純正のLサイズのイヤーピースを付けてもランニングなどをすると落ちそうになる、ベンチプレスをしようとすると落ちそうになるなどそこだけが不満だった。

「あかん・・・!!これじゃストレス解消の運動でストレスが溜まってまう・・・!!!」

という事で僕みたいな耳デカ族にも合うようなイヤーピースを探し始めました。

実際に探す

とりあえずAmazonで探し始めるも、どれもこれも中華製でなかなか信頼できそうなものがない。

余談ですけど最近のAmazonって悪い評価をみる方が当てになりますよね。
実名っぽいレビューは読み飛ばすようになりました。

話を元に戻して、色々と彷徨っていたら昔使用していたComplyがAirPods Pro用のイヤーピースを出しているとのこと。

レビュー動画をみる限り、しっかりとケースもしまるし、あのComplyの製品だから信頼度も高そう!という事で、頼もうとしました。

すると・・・

「えっ・・・??アメリカでしか売ってへんの・・・??マジで・・・?」

そう、現在小売から買えるのはアメリカのみっぽく、他の国は小売店で売ってないとのことでした。

ここで諦めかけましたが、なんと公式サイトからならいけそうだったので公式サイトでポチりました。

そして実際にかかった金額がこちら。




本体24.99ドルに配送料が7.99ドル。
しめて32.98ドル。
うーん、高い!

でもこれを頼んでダメでもレビューを書けば俺が人柱になり他の人が損をしなくて済む・・・!という事でひとまず到着まで待つ。

到着、そして

これが6/18のこと。

そして今さっきポストを見たら届いてました。
例のブツが。

やっほーい!!!





早速試してみるぞ!!

そして純正のLサイズのイヤーピースを外し、Complyのイヤーピースを装着!






恐る恐る付けてみると・・・

神は存在したのか・・・!!!

え??なにこれ??
ヘドバンしようが寝転がろうが少しも取れる気配ないんだけど・・・??

今までの純正で耐え忍んでいた生活は何だったんだ??
と思えるくらい耳デカ族でもガッツリはまりました。

そして装着感がよくなったおかげか、心なしか音楽がしっかり聞こえるようになった気がします。

低音がーとか高音がーとかわかるほど高尚な聴覚を持っていないので何とも言えませんが、落ちないという最重要項目を満たせたのでとても良い買い物でした。

全ての耳デカ族に試して欲しい、とても良いイヤーピースです。

少々お高いですが、[公式サイト]((https://www.complyfoam.com/)
から買えるので是非試してみてください!!

製品について気になる事があれば、Twitterかコメント欄にコメント頂けると答えられるかと思います。お気軽にどうぞ。

コメント

このブログの人気の投稿

Braveブラウザの同期機能をiPhoneで設定した話。

Braveブラウザを使い始めて結構経った 設定 1 .同期ページを開く 2.QRコードの表示 3.iPhoneで読み取る Braveブラウザを使い始めて結構経った Google Domainsで独自ドメインを持っているBloggerをBrave Creatorsに登録した話。 この記事を書いた頃から僕はBraveしか使わなくなっちゃいましたね〜。 広告がないとネットサーフィンが捗りますし、Braveの直接クリエイターに貢献できるような仕組みが特に気に入っています。Blogger,ひいてはGoogle的にどうなんだって話もありそうですけど、ただのユーザなのでそんなのは気にせず便利なものは使います。 それで本題です。 タイトルのように今回同期機能を設定しました。 余計なことをしていたせいで少しハマったので設定ついでに誰かが困ったときに役に立つように設定方法を残しておこうかと思います。 ちなみにこちらの記事はPCの同期にiPhoneを追加するという設定方法についての解説です。iPhone→PCの同期方法などはまた別の話のようです。 設定 1 .同期ページを開く ブラウザのタブの右上にある上矢印のマークをクリックすると以下のような項目が表示されます。 こちらの同期という欄をクリックします。 すると以下のページが表示されます。 自動的に設定ページの中の同期欄が表示されるわけですね。 2.QRコードの表示 同期欄に同期済みのデバイスを管理という欄があるのでそちらをクリックします。 すると以下のようなページが表示されるのでそちらの中の新たなデバイスを追加、スマホ/タブレットという順にクリックしていくとQRコードが表示されます。 これでこのステップは完了です。 3.iPhoneで読み取る このQRコードをiPhoneで読み取っていく訳ですが、このQRコードはプリインストールされているQRコードで読み取っても正しく処理してくれません。 書いてある通り、iPhoneのBraveブラウザで読み取って上げる必要があります。 なのでひとまずiPhoneでBraveブラウザを開き、画面右下の**•••**という所をタップしてください。 すると上から二番目に歯車アイコンの設定が表示されますのでそちらをタップします。 初期表示で画面中部に表示さ

JavaのindexOf関数はナイーブ法で実装されているらしい

indexOf関数とは 実際のソースを見よう ナイーブ法ってなんぞや indexOf関数とは ドキュメント はここ。 indexOf の細かい使い方は説明はしないが、簡単にいうと二つの文字列を比較して重複する箇所がある場合にその開始部分のインデックスを返すというもの。 実際のソースを見よう どのように実装されているのかが気になったので jdkの中に存在するsrc.zipを解凍して確認してみることに。 public int indexOf ( String str ) { return indexOf ( str , 0 ) ; } public int indexOf ( String str , int fromIndex ) { return indexOf ( value , 0 , value . length , str . value , 0 , str . value . length , fromIndex ) ; } static int indexOf ( char [ ] source , int sourceOffset , int sourceCount , char [ ] target , int targetOffset , int targetCount , int fromIndex ) { if ( fromIndex >= sourceCount ) { return ( targetCount == 0 ? sourceCount : - 1 ) ; } if ( fromIndex < 0 ) { fromIndex = 0 ; } if ( targetCount == 0 ) { return fromIndex ; } char

djoserを使ったDjango REST Frameworkでのカスタムユーザーモデル認証機能の実装

djoserとは 使い方 djoserとは djoser とはDjango REST Framework上での基本的なユーザー認証や登録などの認証周りをサポートしてくれるライブラリです。 カスタムモデルに対しても使え、Djangoのコードを再利用するような形をとるのではなく、Single Page Application(以下SPA)によりフィットするようなアーキテクチャを目指して作られています。 今回はdjoserの最もシンプルな認証機能の実装について書きます。 なお、この認証はセキュリティの面などから実際に使用するべきではなく、以下のJWT認証のようなより強固なセキュリティの設定があります。 あくまでお手軽な認証として紹介します。 ソースコードは こちら なお、以下の全てが導入後にエンドポイントとして使えます。 /users/ /users/me/ /users/confirm/ /users/resend_activation/ /users/set_password/ /users/reset_password/ /users/reset_password_confirm/ /users/set_username/ /users/reset_username/ /users/reset_username_confirm/ /token/login/ (Token Based Authentication) /token/logout/ (Token Based Authentication) /jwt/create/ (JSON Web Token Authentication) /jwt/refresh/ (JSON Web Token Authentication) /jwt/verify/ (JSON Web Token Authentication) Getting started djoser関連の記事を他にも書いています。 djoserを使ったDjango REST Frameworkでの認証機能の実装 djoserを使ったDjango REST FrameworkでのJWT認証機能の実装 なお、今回はJWT認証を用いたユーザー認証を実装することとします。 使い方 途中