英会話弱者が英語を話せるようになるまで Day1

英会話始めたってよ

はい。


実は最近英会話を始めまして。

元々それなりに英会話に興味はあったのですが、色々と理由を付けてやらない日々が続いていたのですが、最近少し時間ができて30分位のオンライン英会話くらいなら受けられる時間はありそうだな、と思ったので始めました。


ちなみに僕がやっているのはレアジョブ英会話で、活動履歴的には以下のような感じ。


地味に1日もサボらずしっかりやれていますね。

LeetCodeの記事を書いていた時も感じていたことなのですが、やっぱりやらないと気持ち悪くなるくらいまである程度無理してでも続けるのが長続きのコツなのかなー、と思います。

あくまで主観ですし、そうは言っていられない状況があるのも事実でしょうけど。


それで、なぜこんな記事を書いているかというと、ノートとかに物理で書くのも良いけど、せっかくなら英語の勉強した内容とかをこちらでメモ的に記事として残すことで困った時のクイックリファレンスになるし、ブログの継続にも良いかなー、と思ったからです。

あ、ちなみに英語に関しての実力は以下の通りです。

  • TOEICは公開テストで800
  • 大学受験時にそこそこ勉強していた。
  • 昔大学のカリキュラムでオンライン英会話受講歴あり(3ヶ月)
こんな感じです。

正直TOEICはこれだけだといくらでもいるようなレベルだと思うので全く自慢にはならないかな〜と思っています。ただ、これ以上あげるにもそこまでモチベが上がらないのも事実。
それならTOEICの勉強はやめて、コミュニケーション方面に振り切れるのも良いかも!ということですね。

現在受講中のレッスンは実用英会話レベル4。英会話を基本から学べていい感じです。

Chapter1

語彙
  • move in(引っ越す)
  • fly in(飛行機で来る)
  • meet[person]([人に]会う)
  • run into[person]([人に]偶然会う)
  • start a new job(新しい仕事を始める)
  • start taking [language] lessons([語学の]レッスンを受け始める)

とりあえず今回はここまで。
それぞれのLessonについてまとめていければいい感じの復習になりそうなので頑張ります〜。

コメント

このブログの人気の投稿

Braveブラウザの同期機能をiPhoneで設定した話。

JavaのindexOf関数はナイーブ法で実装されているらしい

C++のstd::lower_bound()とPythonでの話。