オンライン英会話を始めて1ヶ月と少し経った

はい。

レアジョブを始めて1日を除いて毎日、それを1ヶ月と少し続けられているので、ちゃんと続いていることを実感するためにもしっかりとアウトプットしておきます。





これだけ見るとすごい時間になってそうですけど、時間に換算するとたったの20時間。1回25分というのはやりやすさもあるが、同時にそこまで学習時間が伸びないという弊害もあるんだなぁということを実感しました。


最近のマイルールで必ず1時間/日は英語に触れる時間を作るために試行錯誤していて、主な教材はレアジョブ、Coursera、Amazonプライム、英会話1000本ノック(ビジネス編) Kindle版って感じでローテションしていて、AmazonプライムビデオはSUITS、シリコンバレー、アップロードとかを何回も見返して聞き取れるように頑張っている感じ。

SUITSは大人の英語、シリコンバレーは大人になりきれないITエンジニアの日常、アップロードはその中間、みたいな感じで気軽に触れられる、楽しい教材なのが良い。

気の向いた時に気軽に見れるようにiPhoneにダウンロードしていて、移動時間とかにスパッと1話分見るだけでも30分近く英語に触れていることに換算できるのでかなり楽な反面、実際にはそこまで考えなくても進むし、英語を正しく聴けているかをチェックしようと思うとなかなかに集中力がいるのが難点。


英会話1000本ノック(ビジネス編) Kindle版は便利なフレーズを丸暗記してそのフレーズを使い倒そうという感じでとにかく楽をしたい僕にはとても合っている。

いい感じに細かくセクションに切って気が向いた時にチェックしたりしているが、最近少しサボり気味なのでどこかでしっかりやりこみたいが・・・

うーん、なかなかむずかしい。


オンライン英会話は基本的な日常英会話を勉強できていいなぁ、と思いつつも、会社の補助とかを使えば対面でのビジネス英会話を安く済ませられるらしい。

が、調べてみたけどそれでも高くてなかなか躊躇する金額だったのでひとまず保留中。

流石にオンライン英会話が安すぎる弊害なのかな、感覚が麻痺している気が。


基本的なレベルを上げてどこかで切り替えるのが良いのかも。


ひとまず3ヶ月はレアジョブ続けてまたその時考える感じで継続していこうかな。

コメント

このブログの人気の投稿

Braveブラウザの同期機能をiPhoneで設定した話。

JavaのindexOf関数はナイーブ法で実装されているらしい

djoserを使ったDjango REST Frameworkでのカスタムユーザーモデル認証機能の実装