スキップしてメイン コンテンツに移動

オンライン英会話(レアジョブ)を始めてほぼ毎日英会話をする生活が6ヶ月目に突入したわけですが。

地道に継続中・・・

はい。
オンライン英会話を始めたのが8月でもう2月です。6ヶ月目に突入しました。

初期に一回サボったのとサービス自体のお休み(クリスマスと正月)以外は毎日何かしらのトピックについて英語で会話しています。

まぁこの記事読む人は「お前6ヶ月近く毎日やってるならちょっとは喋れるんだろ?お?」っていう感じの人が多いかと思います。

なんか収益化しているブログとかだと「英会話を続けた効果が凄すぎた・・・!!」みたいに色んな効果とかを派手に装飾したりSEOに特化したりとかでアクセス数を上手に稼いでいますが、このブログは今の所Google Adesenseの認可すら降りていないのでアクセスを集めたところで何の意味もないです。

なので一般人が英会話を地道にやってたらどうなるのかをリアルに書いていくのがいいのかなーって感じです。

それにしても僕もお金が欲しいのでAdesense申請したんですよね。でも申請してからかれこれ3ヶ月くらいGoogleさんから返事ないけど、僕の申請は次元の狭間にでも落っこちて帰ってこれなくなったんですかね。
Googleさんお返事くださいお願いします。

オンライン英会話だけの限界

ある程度詰まらずに話せるようにはなってきました。
僕が受けているのが実践ビジネスっていうビジネス英会話(月1万くらいだったはず)のコースなので、それっぽい表現を覚えたりとか、あとは困ったときに単語をググったらコミュニケーションで困らないくらいにはなっています。

これは嬉しい。
継続は力なりですね。

一方で、同じ語彙ばかり使っている、というのが(個人的に)かなり目立つようになってきました。

便利な表現を覚えるとそれ頼みになりがちなんですよね。

個人的に好きな英会話本でペラペラビジネスという本があるんですが、そこで便利な定型文の一部だけ変えて使い倒せ!みたいなことが書いてあるんですね。

こと言語に関してはまさにその通りだと思うんですけど、僕の場合はそこの便利さにかまけて語彙とか表現を増やそうという努力をしてなかったというのが大きいです。

とにかく受け身で受けているだけ、そんな感じでした。まぁ少しづつ増えてはいるんですけどね
ペースが死ぬほど遅いだけで。

結局、持っている語彙を引き出す速さが速くなっただけで、語彙量は増えていないから表現の幅に限界があるという感じです。

実はこうなることはわかっていたのさ!

オンライン英会話を受けるだけだといつか頭打ちが来ることは薄々感じていました。

なので最近から講義中にノートを取り、毎朝復習をしという地道ながら今までやっていなかったことを取り入れ始めました。

え、やってなかったん?という感じになりそうですが、僕に取って一番大事なのはとにかくオンライン英会話を続けることだったんですよね。

仕事終わりに、めんどくさい、サボっても自分の金だし良くない?サボっちゃえよ、という誘惑に負けずに続けようという精神で毎日がんばってきました。

ただ復習するのめんどくさくてサボってただけとは言えない

なのでこれから表現の幅を広げるために、受験生ばりの地道な復習を普段のオンライン英会話と一緒に日課にしていきます。

これまでほぼ毎日続けてきたおかげでオンライン英会話のレッスンを受けること自体に抵抗はなくなったのでとにかくやり続けるというレベルから卒業して能力を高めていく方に集中していこうかなと。

ひとまず1年は続けたいなぁ。

そんなところです。

長々文章書きましたが、結局言いたいことはオンライン英会話やるなら復習、大事。

継続、もっと大事。

以上です。読んでいただきありがとうございました。

コメント

このブログの人気の投稿

Braveブラウザの同期機能をiPhoneで設定した話。

Braveブラウザを使い始めて結構経った 設定 1 .同期ページを開く 2.QRコードの表示 3.iPhoneで読み取る Braveブラウザを使い始めて結構経った Google Domainsで独自ドメインを持っているBloggerをBrave Creatorsに登録した話。 この記事を書いた頃から僕はBraveしか使わなくなっちゃいましたね〜。 広告がないとネットサーフィンが捗りますし、Braveの直接クリエイターに貢献できるような仕組みが特に気に入っています。Blogger,ひいてはGoogle的にどうなんだって話もありそうですけど、ただのユーザなのでそんなのは気にせず便利なものは使います。 それで本題です。 タイトルのように今回同期機能を設定しました。 余計なことをしていたせいで少しハマったので設定ついでに誰かが困ったときに役に立つように設定方法を残しておこうかと思います。 ちなみにこちらの記事はPCの同期にiPhoneを追加するという設定方法についての解説です。iPhone→PCの同期方法などはまた別の話のようです。 設定 1 .同期ページを開く ブラウザのタブの右上にある上矢印のマークをクリックすると以下のような項目が表示されます。 こちらの同期という欄をクリックします。 すると以下のページが表示されます。 自動的に設定ページの中の同期欄が表示されるわけですね。 2.QRコードの表示 同期欄に同期済みのデバイスを管理という欄があるのでそちらをクリックします。 すると以下のようなページが表示されるのでそちらの中の新たなデバイスを追加、スマホ/タブレットという順にクリックしていくとQRコードが表示されます。 これでこのステップは完了です。 3.iPhoneで読み取る このQRコードをiPhoneで読み取っていく訳ですが、このQRコードはプリインストールされているQRコードで読み取っても正しく処理してくれません。 書いてある通り、iPhoneのBraveブラウザで読み取って上げる必要があります。 なのでひとまずiPhoneでBraveブラウザを開き、画面右下の**•••**という所をタップしてください。 すると上から二番目に歯車アイコンの設定が表示されますのでそちらをタップします。 初期表示で画面中部に表示さ

JavaのindexOf関数はナイーブ法で実装されているらしい

indexOf関数とは 実際のソースを見よう ナイーブ法ってなんぞや indexOf関数とは ドキュメント はここ。 indexOf の細かい使い方は説明はしないが、簡単にいうと二つの文字列を比較して重複する箇所がある場合にその開始部分のインデックスを返すというもの。 実際のソースを見よう どのように実装されているのかが気になったので jdkの中に存在するsrc.zipを解凍して確認してみることに。 public int indexOf ( String str ) { return indexOf ( str , 0 ) ; } public int indexOf ( String str , int fromIndex ) { return indexOf ( value , 0 , value . length , str . value , 0 , str . value . length , fromIndex ) ; } static int indexOf ( char [ ] source , int sourceOffset , int sourceCount , char [ ] target , int targetOffset , int targetCount , int fromIndex ) { if ( fromIndex >= sourceCount ) { return ( targetCount == 0 ? sourceCount : - 1 ) ; } if ( fromIndex < 0 ) { fromIndex = 0 ; } if ( targetCount == 0 ) { return fromIndex ; } char

failed: unable to get local issuer certificate (_ssl.c:1123)と出たので解決した話

Webスクレイピングとか 試していたらこれが突然出た。 macOS用公式インストーラーのPython 3.6でCERTIFICATE_VERIFY_FAILEDとなる問題 という記事に解決策が書いてあったが、 python.orgで配布されているmacOS用の公式インストーラーでインストールしたPython 3.6を使い、 urllib.request.urlopen() で https:// のWebページを取得しようとすると、以下のエラーが発生します。 で、このタイトルのエラーに当たっていたよう。 私の場合はPython3.8.5を使っていたので $ /Applications/Python\ 3.8/Install\ Certificates.command というコマンドをターミナルで叩くことで事なきをえた。 読んでないのが悪いとはいえこれはハマる人が多いんじゃなかろうか。