Braveブラウザ(iPhone,iPad)にオフラインでもYouTubeの動画が視聴可能なPlaylist機能が追加されていたので使い方をまとめてみた。

アップデートしたら使えるようになっていた

公式からリリースされている通り、

BraveのiPhoneとiPadアプリのユーザーは、新機能「Playlist」 を、v1.25版から利用可能になりました。これはユーザーが動画・音声コンテンツを好きなプラットフォームから保存し、楽しめるようにする機能です。Brave Playlistを使うと、ユーザーは複数のプラットフォームから選んだコンテンツを1つのプレイリストに保存して、いつでも、どこでもアクセスできます。音楽、動画、ポッドキャストなどを、通勤や旅行、日常生活で楽しむのに最適な機能です。

オフラインでYouTubeの動画を手元にダウンロードし、どこでも視聴可能になる機能が今回のアップデートで追加されました。

いやいや、これ相当便利ですね。

Braveを使っている方なら、Braveを通してYouTubeを視聴すれば広告を見なくて済むということを知ってらっしゃるとは思うのですが、まさかオフラインでも視聴可能になるとは・・・

AdBlockなどを活用すれば他のブラウザでも広告をブロックすること自体はできたのですが、まさか無償でブラウザ側が実装してくれるとは!

ただ、広告収入をメインにしているYouTube側から規制されそうな気もしますが・・・

どうなんでしょうか?

ちなみにこの機能、よくみたら5日前の段階でリリースされていたようなのですが、チェックできていなかったので先ほどアップデートをしたときに驚きました。


使い方

直感的に使えるので、すぐに使い方は分かるようになるかと思います。

1.YouTubeを開く


2.保存したい動画を開く。この時、画面下部に「Brave Playlistに追加する」と表示されるのでタップ。



3.画面右下の「・・・」をタップし、表示されたPlaylistをタップ


4.ダウンロードが始まっているので、完了するまで待つ。

5.ダウンロードが完了次第いつでもどこでも楽しめるように!






これで完了です。
例えば機内モード(左上の飛行機マークに注目してください)にしたとしても問題なく動画は再生されます。


これで広告無し、しかもオフラインでもYouTubeを楽しめるようになりました!



コメント

このブログの人気の投稿

Braveブラウザの同期機能をiPhoneで設定した話。

LGの43インチモニター、43UN700-BとエルゴトロンのモニターアームHXを買った話。

ミニマリストの僕がComplyのAirPods Pro用のイヤーピースを買ってみたら神だった件。Ver2.0