Pythonの基本的な組み込み型の整理①

組み込み型を知ること

お仕事で書かないのでどうしても行き当たりばったりで書くことが多いのでたまには地味な基礎的なこととか書きたいなと。
何回かに分けて書きます。

Elements of Programming Interviews in Python: The Insiders’ Guide

以前こちらの記事でも紹介したいわゆるコーディングインタビュー対策用の本、Elements of Programming Interviews in Python: The Insiders’ Guide

この本の中にChapter4にPrimitive Typesという章があったので、せっかくだし記事にしようとなりました。

公式の組み込み関数はこちら

数値関連

abs(x)

数値xの絶対値 |x|を求めるときに。

>>> abs(-10)
10

math.ceil(x)

公式のmath(数学関数)はこちら

math.ceilは天井、引数として与えたx以上の最小の整数を返します。
例えば、

>>> import math
>>> math.ceil(2.17)
3

といったように、小数に関してもカバーしています。

math.floor(x)

対してmath.floorです。ceil(天井)と反対の床を意味することから、真逆の結果を返すような関数であることが想像できますよね。
返り値としてx の「床」 (x 以下の最大の整数) を返します。

>>> math.floor(2.17)
2

min(x,y)

max(x,y)

これらは書かなくても知ってるよ!となる気がするので軽く。
min(x,y)x,yが数値型の場合、x,yのいずれか最小値を返します。
引数でリストを与えた場合はその中の最小値を返します。

max(x,y)はその逆で引数の中から最大値を取ってきます。

では文字列、アルファベットを与えた時にはどうなるでしょう。

>>> min("A","Z")
'A'

こうなります。
まあ言いたいことはわかりますよね。
max()だと逆になります。

>>> max("A","Z")
'Z'

pow(x,y)

引数で与えたxy乗を返します。例えば210を計算したい時には pow(2,10)

>>> pow(2,10)
1024

実はこんなことをしなくても2**10でも出来たりする。

sqrt(x)

与えたxの平方根を出してくれる。

>>> math.sqrt(225)
15.0

今回はここまで。
次回分を書いたらここら辺にリンクを追加しておきます。
覚えていたら

コメント

このブログの人気の投稿

Braveブラウザの同期機能をiPhoneで設定した話。

自作のChrome Extensionをインポートした時に "Invalid value for 'content_scripts[0].matches[0]': Empty path."というエラーが出たので解決した

failed: unable to get local issuer certificate (_ssl.c:1123)と出たので解決した話